この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

税理士という仕事

これだけは知っておきたいメインの仕事

まずは、税理士のメインの仕事ともいえる税務監査と決済書の作成・税務申告についてご紹介していきます。

税務監査とは、会社の経理を帳簿などで確認してもらい、税法に従った正しい会計処理が行なわれているかどうかを監督してもらうことです。
税理士が税法の専門家であるからこその業務です。
良い税理士は、税法上の指導だけでなく、経営の問題点も指摘してくれます。

決済書の作成や税務申告というのも、税理士の重要な仕事です。
決済書とは、言ってみればその会社の1年間の成績表のようなもの。
この決済書は、会計ソフトで自分で作成することもできます。
しかし、決算書からは様々なことが読み取れます。
これは税理士が合法的な節税策を行ったり、融資をもらいやすいようにしたりといった大切な業務を担ってくれるところなので、税理士に作成を任せる方が得策かもしれません。

他にも相談できることがある

先程挙げたメインの業務の他にも、たくさんのことを相談できます。

例えば、税務調査の立会いを依頼することができます。
税務調査とは、税務署が申告書の正当性を確認する調査のことで、調査官からの指導があった場合、税理士がいれば経営者の手助けをしてくれます。

税理士は、経営者をはじめとする役員の報酬に関することもアドバイスを行っています。
税法上様々な規定があるため、役員報酬の設定に困ることがあります。
そんなとき、経営者のニーズに合わせてアドバイスをしてくれます。

会社の資金繰りや融資に関する相談も、税理士の仕事としては重要なものです。
将来的に経営が行き詰まらないように、キャッシュフローについてアドバイスを行います。